スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラン:「核燃料の製造成功」 濃縮ウラン使い

http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20111205k0000e030136000c.html

 【テヘラン鵜塚健】イランのファルス通信は4日、イラン政府が20%濃縮ウランを使った核燃料の製造に成功したと伝えた。核燃料は近くテヘランの研究炉で医療用の放射性同位体(アイソトープ)の生産に使われるという。核燃料の製造技術がなかったイランは昨年2月からウランの20%濃縮に着手し、自前の燃料製造を進めていた。米欧側はこれまでイランに核燃料を提供する見返りに、兵器転用の可能性がある濃縮ウランの国外搬出を求めてきたが、報道が事実とすればイランが自力で核燃料の製造を達成したことになり、米欧側は「交渉材料」の見直しを迫られる。

 イラン政府は06年4月からウラン濃縮を始め、米欧諸国は核兵器生産につながるとして警戒。09年10月、イランとの交渉を再開させた米欧諸国は、1.2トンの低濃縮ウランをイラン国外に運び出し、露仏両国で20%に再濃縮後、核燃料に加工してイランに戻すことを提案した。しかし、交渉は決裂し、今年1月のトルコでの会合以降、動いていない。

 核兵器の製造には90%以上のウラン濃縮が必要とされるが、核燃料生産を口実に20%濃縮が常態化すると、核兵器生産が容易になるとの見方があり、米欧側はイランにウラン濃縮の停止を求めている。一方、イラン側は、ウラン濃縮は「平和目的」の核開発の一環と主張してきた。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sherbet

Author:sherbet
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。