スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第一原発の所長と副長

福島第1原発:08年に津波可能性 本店は対策指示せず
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111128k0000m040140000c.html

 2008年に東京電力社内で、福島第1原発に想定を大きく超える津波が来る可能性を示す評価結果が得られた際、原発設備を統括する本店の原子力設備管理部が、現実には「あり得ない」と判断して動かず、建屋や重要機器への浸水を防ぐ対策が講じられなかったことが27日、分かった。東電関係者が明らかにした。

 12月に中間報告を出す政府の事故調査・検証委員会も経緯を調べており、研究の進展で得た津波リスク評価の扱いや対応が適切だったかが焦点となる。

 東電関係者によると、社内研究の成果である新たな津波評価を受け、原子力・立地本部の幹部らが対応策を検討した。その際、設備を主管する原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。評価結果は学術的な性格が強く、深刻に受け取る必要はないとの判断だったという。同本部の上層部もこれを了承した。

 原子力設備管理部は、06年に発覚したデータ改ざんの再発防止のため実施した07年4月の機構改革で「設備の中長期的な課題への計画的な対応や設備管理の統括をする」として新設された。部長は発足時から昨年6月まで吉田昌郎現福島第1原発所長が務めた。

 東電は08年春、明治三陸地震が福島沖で起きたと仮定、想定水位5.7メートルを大幅に超え、最大で水位10.2メートル、浸水高15.7メートルの津波の可能性があるとの結果を得た。東電関係者は「評価結果をきちんと受け止めていれば、建屋や重要機器の水密性強化、津波に対応できる手順書作りや訓練もできたはずだ」と指摘している。

 東電広報部は「自主的に試算した内容については、土木学会に審議してもらい、設備に反映させていくつもりだった。学会に審議を要請したのは08年10月で、軽視や放置をしていたわけではない」としている。

毎日新聞 2011年11月28日 2時00分

福島第一原発の所長が急きょ入院
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4888677.html

 東京電力は、福島第一原発の所長として事故後、復旧作業にあたってきた吉田昌郎所長が急きょ入院したため、来月1日付けで所長を交代すると発表しました。

 東京電力は28日午後3時過ぎに急きょ会見を開き、福島第一原発の責任者として事故の復旧作業にあたってきた吉田昌郎所長(56)が入院し、所長を退いたことを明らかにしました。

 吉田所長の主治医によりますと、「病気と被曝線量との因果関係はない」ということですが、東京電力はプライベートなこととして具体的な病名や病院名については明らかにしませんでした。

 後任の所長は高橋毅・原子力運営管理部長(54)で、12月1日から所長を務めるということです。(28日15:43)

東電社員を詐欺容疑で逮捕=セールで値札付け替え-警視庁
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201111/2011112200745

 セール会場で値札を付け替えて衣料品を購入したとして、警視庁東京湾岸署が詐欺容疑で、東京電力社員で福島第1原発副長、平田敬一朗容疑者(45)=東京都港区芝浦=を現行犯逮捕していたことが22日、同署への取材で分かった。同署によると、容疑を認め「値札を付け替えたら安く買えると思った」と話しているという。
 逮捕容疑は19日正午ごろ、江東区有明の東京ビッグサイトの衣料品セール会場で、コートなど4点(計10万2500円)の値札を付け替え、1万6000円で購入した疑い。
 同署によると、平田容疑者は1人で買い物に来ており、警戒中の警備員が見つけて取り押さえ、署員に引き渡した。
 平田容疑者は平日は同原発で勤務、週末に自宅のある東京に戻ってきていたという。
 東電の松本純一原子力・立地本部長代理の話 事故収束に全力を尽くしているさなかに誠に申し訳ない。気を引き締めて収束に当たりたい。(2011/11/22-19:53)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sherbet

Author:sherbet
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。