スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリス・バズビー

http://togetter.com/li/218252

こんばんは。今日UKガーディアンに以下のような記事がありました。Post-Fukushima 'anti-radiation' pills condemned by scientists http://t.co/tvgCMlPc
gjmorley 2011/11/22 23:03:35

☆この記事の内容を丁寧に翻訳された方のTwがありましたので、そのまま引用RTさせていただきます(以下、連続)。翻訳おつかれさまです!
gjmorley 2011/11/22 23:04:13

放射能の影響から日本人を守るとして高価な商品等を提供するバズビー博士についてのガーディアン紙の記事http://t.co/dSfqZbscを抜粋。博士はかつて緑の党の科学技術スポークスマンだったが、今回同紙の取材を受けた緑の党は、博士の商品宣伝を大目に見るわけにはいかないと回答。
konahiyo 2011/11/22 11:04:11

続) 商品は製造原価で提供していると博士は言うが、日本で販売されているミネラルサプリよりもはるかに高額。日本政府はすでに人の曝露をモニターし食品や水の検査を行って、汚染商品の販売を禁止しているが、これはEUの放射線制限基準よりも厳しい。
konahiyo 2011/11/22 11:04:38

続) 博士によれば、日本政府は福島の現場から放射性物質を日本全土にトラックで運び出しているが、その理由は「日本全国で癌発生率を増やすことによって対照群(影響を受けない子どもたち)をなくしてしまえば」、放射能による健康被害者からの訴訟を防げるから、と主張。
konahiyo 2011/11/22 11:06:08

続) 商品発売にあたり、原発爆発が健康に破滅的影響を与え、放射性セシウムが日本の子どもの心筋を破壊すると主張。自分の売る薬は日本の子どもの放射能汚染を止めるとしている。インペリアルカレッジ(ロンドン)で分子病理学を教えるトマス教授は、
konahiyo 2011/11/22 11:07:01

続) セシウムによる心疾患について「ばかばかしい」話であり、バズビーが「いかに放射線生物学を理解していないかを示している」と評する。彼の商品や試験は「どれも全く役に立たない。バズビー博士は恥を知るべき」と。
konahiyo 2011/11/22 11:07:22

続) ICRPのニワ教授は、博士が意図的汚染の証拠を示していないとし、「いま日本中で多くの国民が線量計を使い放射能を測定しているに、政府や東電が国民を騙すことは不可能」という。またマグネシウムやカルシウムのサプリが放射性核種を防ぐという博士の自信は「根拠がない」とも。
konahiyo 2011/11/22 11:07:33

続) バズビーによると、商品や試験の売上金はジェームズ・ライアンの設立したCBFCFに行っており、自分はこの団体と無関係だと主張。「向こうが電話してきて名前を使わせてほしいと言ったのでOKしただけ」ただし「試験は私が行っていて、送ってきたサンプルは測定すると約束した」とも。
konahiyo 2011/11/22 11:07:53

続) 商品や試験がなぜこれほど高価なのかという同紙からの問いに対し、ライアンから回答はない。商品の効能の証拠も求めたがいっさい示されていない。ただ、「4u Detoxの売上げはすべて福島や日本全国の子どもたちに行っている。我々は日本の子どもたちに多額を寄付している」とは語った。
konahiyo 2011/11/22 11:08:08

http://t.co/WlJVVfUqで売られているバズビー研究室による試験や商品の値段。尿検査(ウランとストロンチウム)98,000円、食品検査(セシウムとヨウ素は29,800円、ウランとストロンチウムは108,000円)、水の検査は59,800円。
konahiyo 2011/11/22 11:10:37

さっきのガーディアンの記事のおまけ。バズビー研究所を運営しているのはあなたかと同紙に問われた博士の答え――「私がバズビー研究所です」
konahiyo 2011/11/22 12:12:52

さっきのガーディアンの訳で、よく見たらちょっとニュアンスが違う部分があったので訂正します。緑の党は博士の商品販促を「大目に見るわけにはいかないと回答」ではなく、「認めたわけではないと回答」のほうが正確です。紛らわしくてすみません。
konahiyo 2011/11/22 13:48:26

念のために放射性物質のトラック輸送に関して、政府筋はもちろん全否定。四方内閣副広報官は「これまで運び出したのは、東京で焼却処理するための宮古の津波瓦礫のみ。震災廃棄物の処分は岩手と宮城のみで福島は対象外」で「現時点で放射性廃棄物を福島県外に搬出する予定はない」
konahiyo 2011/11/22 14:17:48

日本アイソトープ協会の佐々木氏は日本の広大な地域が故意に汚染されているという考えを「ばかげている」とする。「放射性廃棄物の最終処分については何も決まっていない」 (ガーディアン紙の記事http://t.co/dSfqZbsc)
konahiyo 2011/11/22 14:18:31

☆ガーディアン記事の翻訳は以上でした。ものすごく長い内容を丹念に訳する根気がとうていない自分としては、こういった方のボランティアがとてもありがたいです。もしもUKガーディアンの記事のアップデートがあれば、またRTいたします。同じ内容を紹介する記事を2,3見つけました。
gjmorley 2011/11/22 23:11:12

UKガーディアンのオピニオン・ブログ:バズビー氏のワイルドな主張を見逃すことは緑の党の失点になる http://t.co/1yRU9DY2
gjmorley 2011/11/22 23:16:28



昨日紹介したUKガーディアンのブログを、もう一度よく読んでびっくりしました。 http://t.co/qL4l7H5r 記者から電話取材を受けたクリス・バズビー氏は「You can fuck off」という言葉を連発し、質問に答えずにがちゃ切りした、と書かれてあります。
gjmorley 2011/11/23 22:23:22

→ガーディアンのブログ記事筆者であるGeorge Monbiot氏の主義主張の背景はあらかじめ存じませんが、記事に書いてある内容だけで判断すると、バズビー氏のさまざまな主張にほころびが出ているようです。
gjmorley 2011/11/23 22:25:00

→バズビー氏はかつて「英ウェールズ地方で原発由来の定量放射線により、子供の発ガン率が劇的に増加した」と主張。この発表は科学的な権威ある機関誌を通さず、自らの会社が出版元となっていたそうです。この主張を重く受け止めた英政府のNHS(国民保健サービス)は独自の調査を開始。
gjmorley 2011/11/23 22:27:34

→訂正:バズビー氏が論文を発表した出版元は「Green Audit」という「environmental consultancy and research organisation」であり、会社というよりはNPOのようなものかもしれません。
gjmorley 2011/11/23 22:29:17

→その後NHSは独自の調査結果をピア・レビューのある科学誌「放射線医学防御ジャーナル」に掲載。○バスビー氏はウェールズ地区での発ガンを二度数えている ○都会と郊外の数値を混合させた結果、ウェールズ北部の数値は3倍になっている ○Snowdoniaで「10人の子供が白血病」と発表。
gjmorley 2011/11/23 22:32:33

→しかし実際にSnowdaniaで発症した子供は1人だった。○さらに、データが全体に故意に改ざんされているというはっきりした証拠を見つけたため、この資料にもとづいた結論は信憑性がない、と断定。このNHSの否定的な見解以外に疑問点が記事では列挙されています。
gjmorley 2011/11/23 22:35:31

→ガーディアンのブログ記事で筆者は末尾に「すべての人が自分の固く信じているポジションから一歩下がって、より大きなピクチャーを見なくてはならない。それが困難だとしても」と結んでいます。
gjmorley 2011/11/23 22:37:07
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sherbet

Author:sherbet
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。