スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口・防府市が震災がれき受け入れへ

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120313-916880.html
山口・防府市が震災がれき受け入れへ


 震災がれきの広域処理をめぐり、山口県防府市の松浦正人市長は13日、岩手、宮城両県のがれきを受け入れる方針を示した。

 防府市では、2009年7月に19人が死亡する豪雨災害が発生しており、松浦市長は「豪雨災害では全国から助けてもらった。復興で手伝えることは、自ら求めていこうと思う」と述べた。

 松浦市長は12日、山口県に対し、安全基準が示されればがれきを受け入れる考えを伝え、県も「前向きに進めたい」と応じたという。県は環境省に対し、受け入れに関する説明会の開催を求めている。

 市によると、1週間で8トンのがれき焼却が可能で、灰は埋め立てる予定。松浦市長は「県がリーダーシップを取って、他の市町でも焼却を進めるべきだ」と話した。(共同)

 [2012年3月13日20時19分]




251 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2012/03/15(木) 22:37:57.31 ID:czqui2yf0
こっちにも貼っておくわ。
NHK山口のローカルニュース、昼のニュースがやっと掲載された。

この市長は、市町村合併において合併相手を上から目線の横柄な態度で臨み、合併相手から蹴られた馬鹿間抜け市長。
合併相手としては規模的にも良かったのだけどね。

震災がれき受け入れ慎重

東日本大震災の被災地で大量に発生したがれきについて、13日、防府市が条件付きで受け入れる意向を示した一方で、ほかの自治体は受け入れは難しいと考えていることがNHKの取材でわかりました。
環境省は、東日本大震災の被災地で大量に発生し、復興や復旧の妨げになっているがれきの処理を進めるため、宮城県と岩手県の400万トンのがれきを被災地以外で受け入れる広域処理を進める方針です。
山口県内では、防府市の松浦市長が県が安全に関する基準を示すという条件付きで市内の焼却施設でがれきの処理を引き受ける意向を13日県内の自治体で初めて表明しました。
しかし、NHKが14日現在で、県内のほかの自治体にがれきを受け入れる考えがあるかどうか聞いたところ、「受け入れる」と答えた自治体はありませんでした。
その理由として、ほとんどの自治体ががれきを処理する焼却施設がないことや、施設はあっても処理能力が追いつかないことを挙げています。
また、受け入れに協力したいという意向を持っている自治体もありましたが、現時点では放射性物質に対する市民の不安を解消できておらず、安全性について具体的な情報がないとして、受け入れは難しいと答えていました。

03月15日 18時30分

257 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2012/03/16(金) 10:17:26.34 ID:nLs/imnaO
>>251
山口市と小郡町が結託して裏取引をしたから合併抜けたんだけどね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sherbet

Author:sherbet
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。