スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内部被ばく量:都の乳児、年間最大48マイクロシーベルト 許容量の20分の1以下--東大調査

http://mainichi.jp/life/today/news/20120313ddm041040184000c.html
内部被ばく量:都の乳児、年間最大48マイクロシーベルト 許容量の20分の1以下--東大調査

 東京都民が昨年3月21日からの1年間に食品から摂取したヨウ素とセシウムによる内部被ばく量の推計値は、最大の1歳未満の乳児で48マイクロシーベルトだったことがわかった。この値は、年間の許容被ばく量の20分の1以下で、通常の食事に含まれる放射性のカリウム40による自然被ばくよりも少なかった。東京大の村上道夫特任講師(都市水環境工学)らのチームが12日、発表した。

 また、成人の内部被ばく量は18マイクロシーベルト、幼児(5歳)は42マイクロシーベルトだった。乳児や幼児が多いのは、成人と比べて甲状腺にヨウ素を取り込みやすく、摂取量が少なくても高い値が出るため。野菜の出荷制限やペットボトル水配布などにより、内部被ばくが最大44%低減されたとしている。

 この推計値を、他の発がん性物質を1年間浴びた場合の発がんリスクと比較すると、野菜などに含まれるカリウム40やディーゼル車などが排出する微小粒子よりも低く、ホルムアルデヒドやダイオキシン類より高かった。

 内部被ばくで乳幼児が甲状腺がんになる確率は10万人あたり2~3人という。村上特任講師は「実際にはペットボトルの水を飲むなどして、被ばく量はもっと低かった可能性が高い」と話している。【久野華代】



158 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2012/03/13(火) 12:27:32.32 ID:1uLpHYxN0
>>1
おまえら研究者の名前と肩書き見ろよ
特任講師だぞwwwww特任講師wwwwww

ググって調べたらこいつまだ33歳www
なんの権力もないし、一瞬で買収できるようなポジション

調べたら3.11後になってから急に放射性物質の研究はじめてるし
こんなもんをわざわざ新聞に載せるなよ
大した発見でもないのに特任講師の研究が全国紙に載るなんてそもそもおかしいだろ

159 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2012/03/13(火) 12:31:25.92 ID:YIvLUZsc0
村上 道夫
東京大学 総括プロジェクト機構「水の知」(サントリー)総括寄付講座 
特任講師 博士(工学)

サントリー。からの
村上特任講師は「実際にはペットボトルの水を飲むなどして、
被ばく量はもっと低かった可能性が高い」と話している。


はい終了。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sherbet

Author:sherbet
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。